進化していく宅配ボックス

ロボットが荷物の到着を教えてくれる

宅配ボックスは最近できたものではないですが、どんどん便利になっていき、思っているより簡単に利用できるようになってきました。

特にすごいとされていることは、マンションに設置されている宅配ボックスで、小型のロボットが、荷物が届いたことを知らせてくれる機能です。
宅配業者が宅配ボックスに荷物を入れた時点で、家に備え付けてあるロボットが、荷物の到着を知らせてくれる音声機能付きのロボットです。

わざわざ宅配ボックスへ確認する必要がなくなり、ちょうど良いタイミングでロボットが荷物の到着を教えてくれるので、確認しに行く必要がないのです。
その他にも届いた荷物の内容を教えてくれたりするのでとても便利だと言えます。
まだまだこのタイプの宅配ボックスは少ないですが、この先どんどん増えていくと予想されています。

宅配物を良い状態で届けるために

荷物によっては長時間宅配ボックスに入れておくことができないものもあります。
届いた荷物が鮮度が重要な食品であったり、温度が一定なところで保管しておきたい物などは、今まで宅配ボックスを利用できませんでした。

しかし最近の宅配ボックスは、温度調整ができたり、冷たいもの、常温で良いものと届く荷物によって入れる場所が違う宅配ボックスもあります。
せっかく届いたものが傷んでしまわないように、とても安心して利用ができるサービスとなっています。

特に生物は、気温が高い夏場の場合、食中毒に注意しなければいけません。
良い状態で荷物を届出先まで届けられるように、宅配ボックスは考えられてできています。
安心して利用しても良いと思います。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ